カフェインにはダイエットに効く? イリノイ大学の科学者が新たな研究で発見




イリノイ大学の科学者がラットの研究で、カフェインには脂肪と糖分が多い食事を取ったときでも体重増加とコレステロールの生産を抑える効果があることを発見しました。これにより、肥満誘発性食事のマイナスの影響を、一部相殺出来る可能性があるそうです。

こんにちわ。毎日カフェイン取りまくりだけど、ぜんぜん痩せないおしゃむです! というわけで、なにやらネットを眺めていたら気になる記事が。このイリノイ大学の実験では、マテ茶から抽出したカフェインをラットに与え、カフェイン抜きのマテ茶を与えたラット比較して体重が16パーセント減少し、体脂肪が22パーセントも減ったそうです。

マテ茶は、植物化学物質やフラボノイド、アミノ酸が豊富に含まれたハーブ飲料です。4週間のラットを使った実験では、脂肪が40パーセント、炭水化物が45パーセント、タンパク質15パーセントを含む食事を与えています。同様に、毎日コーヒーを4杯飲む人の量と同等の量に当たるカフェインもラットに与えています。

そして、4週間の実験の結果、ラットは様々なグループで体脂肪の割合が大きく異なるという結果が出ました。マテ茶やコーヒー、合成原料などからカフェインを取得したラットは、他のグループよりも体脂肪の蓄積が少なかったそうです。

研究者のひとりは「研究結果を考慮すると、マテ茶とカフェインは抗肥満薬とみなすことができます」と答えています。

そんじゃコーヒーをがぶ飲みすれば痩せるのかというと、そういうわけではないですからね! 何よりも、食事の時はコーヒーも合わせて飲むというのは、案外悪い習慣ではなさそうです。

VIA.ILLINOIS NEWS BUREAU




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA