高齢者の転倒によるケガを防いでくれるエアバッグ『Hip’Air』




年を取ってくると足腰が弱ってきて、ちょっとした弾みで転んでしまうということも少なくありません。しかしながら、これはちょっとやりすぎかも!? と思うようなアイテムが、「CES 2018」で発表されました。

その名も『Hip’Air』と呼ばれるこちらのアイテム、ウエストに装着するエアバッグで老人が倒れやすい腰やお尻を転倒時の衝撃から守ってくれます。『Hip’Air』は転倒を検出すると200ミリ秒以内に検出し、さらにその80ミリ秒後にエアバッグを開くことができます。

本体にはバッテリーが内蔵されており、1週間使用が可能。価格は600ユーロ(約8万円)で今年の春にヨーロッパで、秋には米国でも発売される予定です。

Via.technabob




コメントを残す