『Peing – 質問箱 – 』でおなじみのジラフが不要なスマホを0秒で現金化できるサービス『スママDASH』をリリース!




昨年リリースされ、ツイッター上で爆発的な人気を呼んだサービス『Peing – 質問箱 – 』。それを買収したジラフが、今度はスマホで即現金化できるサービス『スママDASH』を、1月15日(月)の9時にオープンしました。

これは、同社が2017年10月にリリースしたスマホ端末のフリマサイト『スマホのマーケット』(略称:スママ)内に追加される形でリリースされたもので、不要になったスマートフォンを処分したいけれど、面倒な手続きをせずにすぐに売りたいときに、同サービスを利用することで即時現金化ができるというもの。

「スママダッシュ」で査定申込をすると、0秒で買取金額を確認でき、速やかにスマホを売却することが可能。買取金額は、スママやヒカカク!(買取価格比較情報サイト)を運営する同社がリユース領域における知見を活用し、値付けするという仕組み。また、「端末に残っている個人情報が流出してしまわないか不安」という意見に応えるかたちで、スママで提供しているデータ削除オプションも無料で提供されます。
※データ削除オプション:端末に保存されている各種データを同社で消去。

■スママDASHの申込ページ
https://smama.jp/dash/events/

利用方法

トップページの上段に配置された「スママDASH」のバナーから、サービスの申込ページに移動することができます。

古物営業法に基づく本人確認について

「スママDASH」では、古物営業営業法に則ってご利用ユーザーの本人確認を実施致します。
本人確認にあたり、ユーザーには本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)の提出いただき、振込先口座及び集荷先住所の確認を行います。また、未成年のユーザーはご利用できません。




コメントを残す