文章が上手く書けないと悩んでいる人は必見! 累計100万部突破の名著をマンガ化した『まんがでわかる 理科系の作文技術』が発売




ブログや論文など、なにかと原稿を書かなければいけない機会ってありますよね。でも、いまいち文章が上手く書けないと悩んでいませんか? そんな人にぜひ読んで欲しいのが、今回ご紹介する『まんがでわかる 理科系の作文技術』です。

「ひたすら明快で簡潔な表現」を追求して、累計100万部を超える中公新書の大ロングセラーとなった書籍『理科系の作文技術』。それをわかりやすいマンガで表現した『まんがでわかる 理科系の作文技術』(出版:中央公論新社、編集協力:サイドランチ)が、1月25日(木)より、全国書店で発売されます。

SNSやメールで用件を伝えることはできても、報告書など文書の作成を苦手とする人も多く、仕事や就活で困難に直面するケースが増えています。そんな時、相手にきちんと伝わる文章が書ければ、その後のやりとりもスムーズに進めることができるのです。そのために必要なのが「明快で簡潔な文章」です。

本書は6つの章に分けて、ストーリーまんがと要点をまとめた説明文を組み合わせて構成し、どなたも楽しみながら、「重点先行主義」や「事実と意見の区別」など、文章を書く際のポイントを学ぶことができます。

あらすじ

IT企業で契約社員として働き始めた文(あや)。根っからのSF小説好きで、作文には自信のあった文だが、「仕事の文書」で求められる文章は、まったく異なるものであった――! 上司・梶山の指導のもと奮闘する文が、「相手に伝わる」文章スキルを少しずつ身につけていく。

書誌情報

『まんがでわかる 理科系の作文技術』(単行本コミック)
出版社:中央公論新社 / 原作:木下是雄、作画:久間月慧太郎 
刊行日:2018年1月25日 / 定価:本体1,200円(税別)/ 判型:四六判、176ページ
http://www.chuko.co.jp/tanko/2018/01/005042.html




コメントを残す