ローコストで設置可能な香港の土管型ハウス『OPodチューブハウジング』




日本にもカプセルホテルという、世界からみると奇妙な文化が浸透していますが、香港では住宅問題を解決するためにユニークなアイデアが生まれているようです。こちらの『OPodチューブハウジング』は、ジェームズ・ロー・サイベルートレクチャーがデザインを手がけた実験的なマイクロリビングハウジングユニットです。

直径2.5mのコンクリート製の土管で構成されており、100平方フィートの内部にリビングやキッチン、バスルームなど生活に必要なものをすべて収納することができます。見たところ、そこそこ快適そうな感じにも見えるので作業用スペースとしてもよさげですね!

Via.James Law Cybertecture




コメントを残す