パソコン初心者でも安心! 予算に合わせて自分好みにカスタマイズできる「BTOパソコン」のススメ




めまぐるしい速度で進化を続けるテクノロジー。その波はパソコン界でも同じで、一昨年はVR、昨年あたりからは仮想通貨やAIなども注目を集め、それに合わせてPCの需要や性能も上昇してきています。そんなこともあり、そろそろうちのパソコンも買い換え時かな、と考えている人も多いのではないでしょうか? そんなときの選択肢のひとつとして、ぜひともおすすめしたいのが今回ご紹介する「BTOパソコン」です。

そもそも「BTOパソコン」って何?

そもそも「BTOパソコン」って何? という人や、あるいは「BTO」という言葉をたまに目にすることがあるという人もいることでしょう。では、この「BTOパソコン」は市販されている普通のパソコンと一体何がちがうのでしょうか。この「BTO」は「Build To Order」の略称で、注文を受けてから生産を開始する「受注生産」というもの。その最大の魅力は自分の好みにパーツを選んで、自由にカスタマイズできるというところにあります。

市販されているパソコンの多くは、メーカーが選んだパーツ構成でスペックや価格帯などが考えられたものです。しかしBTOパソコンの良いところは、自分の予算に合わせて好きなパーツを組み合わせていき自分だけのオリジナルパソコンを作ることができます。

パソコン初心者でも大丈夫なの?

自分でパーツをバラバラに購入して組み立てていく自作パソコンと異なり、「BTOパソコン」では、それぞれのパーツごとの相性など品質管理もしっかり行われています。

「カスタマイズ」というとなんだあ小難しく感じるかもしれませんが大丈夫。選び方もとっても簡単で、それぞれのパーツをリストの中から見比べて、選択していくだけでOKというような方式を採用しているところがほとんどです。

また、ショップにもよりますが、24時間365日の電話サポートや1年間無償保証、全国店舗で対応など、いざというときのトラブルや問題もすぐに対応してくれます。

パーツを選ぶ基準は?

「BTOパソコン」でパーツを選んでいく基準はふたつあります。ひとつは性能で、もうひとつは価格です。

「ビジネス」用途なら、『Office』のセットの有無やCPU(プロセッサー)や、メインメモリ、ストレージに注目しましょう。CPUとメインメモリーはパソコンの快適さに影響する部分です。ストレージはデータを保存しておける容量(器の大きさ)で、ハードディスク(HDD)よりもSSDのほうがアクセス速度が速いため、操作も快適になります。

ゲームやVRを楽しみたいときは、グラフィックアクセラレーター(GPU)から選んでいき、そのほかのパーツを選択していきましょう。最近のゲームは3Dが当たり前となっており、昔と比べてグラフィックボードの性能がゲームのパフォーマンスにそのまま影響するようになってきています。

自分の予算に納めていきながらパーツを選んだり、あるいは予算は考えずにとにかく現時点での最上級のマシンが欲しいというように、幅広く選択していくことができます。予算がたくさんあるなら超ハイエンドな仕様にしてみたり、あるいはそこそこの予算が無い場合でも、自分の納得いく形でパソコンを仕上げていくことができます。

同性能なら「BTOパソコン」の方が断然お得

パソコン専門ショップの「BTOパソコン」は、同価格帯ならメーカー製のパソコンより性能が高い傾向にあります。基本は自作パソコンと同じため、後でパーツを交換したり追加することも可能です。

これからパソコンを買おうかなと思っている人は、ぜひ選択肢のひとつに加えてみてください。

「BTOパソコン」を取り扱っているショップのリンク














コメントを残す