まるでSFの世界? 半分水中に埋まったレストラン




ノルウェー沿岸の最南端にある、ヨーロッパ初の水中レストラン『Under』です。海洋生物の研究センターとしても利用されているこのレストランは、自然との緊密な関係にあります。

この『Under』という名前には、二重の意味が込められています。単純に水中に埋もれているという以外に、ノルウェー語で「不思議」という意味があります。半分海に沈んでおり、建物のモノリシックな形が険しい海岸線に横たわって水面を破壊します。水族館以上の建物の構造は、海面から5メートル下にある海底に直接浮かぶ海洋環境の一部になってます。深い潜望鏡から眺めるように、レストランの巨大なアクリル窓からは、季節や気象条件の変化に合わせて様々な海底の姿を映し出してくれます。

Via.Under – Snøhetta




コメントを残す