急に仕事が無くなった! とりあえず日銭を稼がなければいけない状況になったフリーランスのための情報まとめ




自営業やフリーランスといった職業は、その名の通り自由でフリーではあるものの、ある日突然収入が途絶えてしまうといった不安な状況がつきまといます。いざ、そうした状況に自分がなったときに慌てないように、情報を備えておくことも大事ですね。

とりあえず「アルバイト」を探す

お手軽に仕事を探せる手段のひとつにアルバイトがあります。アルバイトとはいえ、昔に比べると随時分システマチックになってきました。まずは自分に合いそうな案件があるかチェックしてみるだけでもいいかもしれません。

「シフトワークス」は、中高年でもOKの案件が多数掲載されているアルバイト情報サイトです。主婦や主夫特集やWワークOK特集など、目的別に仕事を探すこともできます。

「マイナビバイト」は、エリアや路線、職種など様々な条件で探すことができるアルバイト情報サイトです。気になる求人が見つかったらとりあえず保存しておき、あとで一括応募することもできます。ただし、細かい自己アピールなどができないことが多く、生年月日等だけで不採用になるケースも多く観られます。

「マッハバイト」バイト採用が決まれば、インセンティブとして最大1万円がもらえるというのが売りのアルバイト情報サイト。採用が決定して初めて勤務する日が決まった後、10時までに申請することで、なんと最短翌日に振り込まれるとのこと。

「フロムエー」職種、勤務地、沿線から検索可能。また、お金や働き方、メリットなど個人的に譲れない条件を絞って探すこともできます。

「タウンワーク」エリア、駅、職種などの条件のほか、働き方や待遇、職場環境などの細かい条件を選んで検索できるアルバイト情報サイト。気になる求人が見つかったらキープしておくことも可能。

「求人サイトan」2017年12月31日現在、20万件近い案件が登録されているアリバイト・求人情報サイト。希望の勤務地のほか、「在宅」や「Wワーク」といったキーワードで検索することもできます。

「アルバイトEX」21ものアルバイト求人情報サイトと提携しており、全国からぴったりの条件で探すことができるサイト。それぞれのサイトを個別に見ていくよりも、効率よく探すことができるのが特徴です。

早急にお金が必要なら日払いバイトも

何はともあれ、手持ちにお金が全くない! という状況もありますよね。そんなときは、手っ取り早く現金を入手できる日払いバイトがオススメです。

「マイナビバイトの日払いバイト特集」マイナビバイトの日払いバイト特集のページ。エリア、こだわり条件、職種などの条件から求人を検索することができます。

「フォロムエーの短期バイトページ」「1日以内」「1週間以内」「1ヶ月以内」「3ヶ月以内」といった期間を選んで検索できるのが特徴。エリアや職種なども選ぶことができます。

「エンバイト」試験監督や値札シール貼り、データ入力、テレビエキストラなど、未経験OKの単発バイトを掲載している求人情報サイト。会員登録することで、気になるリストに求人の保存ができるほか、新着求人お知らせメールが受け取れるようになります。

単価は安いが「クラウドソーシング」で仕事を探す

アルバイトは手っ取り早く仕事を見つけるのにはいいですが、どうしてもメインの職種が「フリーランス」だと長い時間拘束されてしまうのは機会の損失となり、その後の自分の成長にもつながらないといった問題もあります。そんなときに利用したいのが、各種の「クラウドソーシング」サービスです。

「ランサーズ」単価は数百円からプロジェクトによっては数十万円と幅が広く、その中から自分に合いそうな案件を見つけることができます。必ずしも仕事を受注できるわけではありませんが、良い案件が見つかったら、どんどん提案してみることをオススメします。

「CrowdWorks」アプリ開発やホームページ作成、デザイン、ライティングなど、クリエイター向けの案件が集まっているクラウドソーシングサイト。「探す」「応募する」「契約する」の3ステップで、仕事を受けることができます。

「Bizseek」仮払いや成果報酬制度を採用しており、確実に報酬を受け取ることができるクラウドソーシングサイト。システム開発からウェブライティングまで、50種類以上のカテゴリーで仕事を見つけることができます。

「シュフティ」在宅ワーカーと企業をマッチングするサイト。ライティングやビジネスサポートなどの案件が多数集まっています。ただし、若干単価が安い傾向にあるようです。

営業活動も忘れずに

目先のお金を稼ぐことも大事ですが、やはり営業で新たな顧客を開拓していくのがフリーランスとして生き残るのには重要です。仕事が安定しているときも、常に新たな営業先を探すようにしておきたいですね!

「Indeed」世界No.1の求人検索エンジン。グーグルで検索するのと同じような感覚で仕事を見つけることができます。

とりあずいらないものを処分して現金にする

病気など特別な事情で働くことができないというときもあります。そんなときは、身の回りに溢れているいらないものを処分して現金に換えることをおすすめします。たとえば、「メルカリ」では、自分がいらないと思っていた古いスマートフォンやPCのパーツなどを出品したところ、以外にも高値で売ることができました。このように、タンスにしまって置いてもあまり意味の無いものをどんどん処分することで、部屋もすっきりさせお金も入手することができます。

「メルカリ」人気のフリマアプリ。スマホで写真を撮って出品するだけで、ものによってはすぐに売れるのが特徴です。毎週月曜日に締め日があり、その週末に現金を受け取ることができます。

「買取王子」本やDVD、ゲーム、フィギュア、家電、楽器などを買い取ってくれるサイト。キットを申し込むことで、段ボールなどの梱包材を送ってくれ、回収を含めて無料で行うことができます。まとめて処分したいときにも便利です。

まとめ

仕事が無くてお金が心配というのはたしかに不安ですが、まずは冷静になって自分を見つめ直すのも重要です。この空いた時間を利用して、さらなるスキルアップを図ったり、自分磨きに当ててみるのもいいでしょう。




コメントを残す