もはやそれ、オートバイじゃ・・・時速115キロで爆走する世界最速の電気自転車『Gulas Pi1S』




電動アシスト自転車(電気自転車)といえば、お買い物にいくママさんが坂道でもゆったりとペダルを漕いでるようなイメージの乗り物ですよね。でも、ドイツのベルリンを拠点に活動する会社Gulasが作った物は、それとは大きく異なるスタイルとなっています。

世界最速の自転車『Gulas Pi1S』

独自の特許技術とドイツ車の職人技を融合て作られたのが、世界最速の電気自転車『Gulas Pi1S』。パワーは28kW、トルクが100N・mで、最高速度時速115Km/hでフリーウェイを爆走することができます。少しお値段が安いモデルの『Gulas Pi1』も用意されており、こちらはパワーが8kWでトルクが60N・m、最高速度は時速90Km/hで走行が可能となっています。

特徴としては、ハンドルスロットルをペダルに置き換え、ペダルを踏む速度が速いほモーターの動力が増えて、自転車の速度がアップするようになっているのだとか。ただし、ペダル自体は普通の自転車のように後輪に動力を与えることは無いようなので、最低でもバッテリーは必須っぽいですね。

ちなみにバッテリーもオプションが2種類用意されています。容量6.5kWhのほうが、125km(100~150 km)走行可能で充電時間は2.5~5時間。容量10,0kWhが200km(160~240 km)走行可能で、充電時間は4.5~9時間です。

気になるお値段ですが、『Gulas Pi1』が約265万円から。『Gulas Pi1S』が約331万円と、高級自動車かよという価格設定。さすが狩猟民族。なにもかもパネェ感じですね!

■Gulas




コメントを残す