BOSSから世界初の完全ワイヤレス・ギターアンプ『KATANA-AIR』が発売




エレキギターをプレイしたことがある人なら、誰でも1度は感じることのあるシールドの取り回しの悪さ。ライブなどではワイヤレスシステムなどを利用することもありますが、なかなか自宅で練習するときまで無線化するのはかえって面倒です。

しかし、これからはちょっとその状況も変わってくるかもしれません。

BOSSブランドから完全ワイヤレスのギターアンプが登場

ローランドは、ギターとスマートフォンやタブレットをそれぞれ同時に無線で接続してギター演奏が行える、世界初・完全ワイヤレス設計のギターアンプ『KATANA-AIR』を、BOSSブランドから4月に発売します。価格はオープンプライス。

ギターの接続は独自のワイヤレス技術を採用。ギター専用に設計されたワイヤレス・トランスミッター(送信機)をギターに装着することで、シールドレスでギターとアンプを無線接続し演奏することができます。

スマートフォンやタブレットはBluetoothⓇでの接続に対応。専用アプリを利用して、音色の調整も行えます。

アンプ自体の性能にもこだわっており、ギタリストが求める迫力ある歪みと、豊かな表現力で定評の「KATANAアンプ・シリーズ」のサウンドを搭載。クリーンサウンドから激しいロック・サウンドまで、思うままのサウンド作りが楽しめます。

ギターとオーディオどちらにも最適な、カスタム設計スピーカー(ステレオ)を装備。最大30W(電池駆動時は最大20W)で出力が可能です。

こんな人にオススメ

・ケーブルや電源の接続など、弾く前の準備に手間がかかることによって、ギターアンプを使わなくなった人
・自宅での演奏時に、好きな曲と一緒にいい音で気持ちよく弾きたいギタリスト

ここがポイント

・ギターを独自のワイヤレス技術で、スマートフォンやタブレットをBluetoothⓇで、それぞれ同時に無線接続。電池駆動にも対応しケーブル接続が不要ですぐに弾ける、世界初の完全ワイヤレス・ギターアンプ

製品概要

品名/品番:ギターアンプ 『KATANA-AIR』
価格:オープン価格
発売時期:2018年4月
初年度販売予定台数:2万台(国内/海外計)
外形寸法:350(幅)×144(奥行き)×181(高さ)mm
質量:2.2kg (電池を除く)
定格出力:30W(15W+15W)(ACアダプター使用時)
     20W(10W+10W)(アルカリ乾電池使用時)
スピーカー:7.5cm(3インチ)×2
電源:ACアダプター(付属)
   アルカリ電池(単3形)または、充電式ニッケル水素電池(単3形)×8

「KATANAアンプ・シリーズ」

ロック・ギタリストが求める音の芯やパワフルさと、激しいピッキングにも素早く反応する切れの良さを追求したギターアンプです。ステージ用のフラッグシップ・モデル「WAZA AMP」の開発を通じて培った、アンプの回路設計やチューニングに関するボス独自のノウハウをつぎこみ、2016年に発表しました。そのサイズ、軽量さと手頃な価格からは想像できない、本格サウンドのギターアンプとして高い評価を得ています。


[左から「KATANA-50」(50W)、「KATANA-100」(100W)、 「KATANA-100/212」(100W)、「KATANA-HEAD」(100W)、「KATANA-MINI」(7W) ※いずれも最大出力時]

■製品に関するお客様のお問い合わせ先
ローランド株式会社
お客様相談センター:050-3101-2555

■商品ページ




コメントを残す