【ドラクエ3プレイ日記5】第1部完結! さようならハンソロ、れいあ、るうく




これまで間違っていたアスペクトも4:3で取り直し、いよいよ冒険の続きへと向かった我ら一行。とはいうものの、じつはレベルが全然足りなくて、わりと前回とほぼ同じところをぐるぐるしているだけという、何の進展もない日々が続きました。

そんなある日……ふと思い立って、ファミコンの電池交換に挑戦。試しに、中古で300円で買ってきた『ドラクエ4』で電池交換をしてチェックしてみたところ、なんと元の持ち主のデータが残っているではありませんか。たしか、ほかのゲームでもそんなことがあったような?


▲電池交換後も、やすゆきとのぶおの記録が消えずに残っていた、『ドラクエ4』。

というわけで、早速作業開始!

ファミコンの電池交換でめんどいのは、なんといってもケース割り。スーファミと違ってむりやり爪でかみ合ってるところを押し広げていくので、時には失敗してしまうことも。

と思ったら、案の定これだよ!

いきなり爪が折れるという先行きが怪しくなってくる展開。とりあえず、その後の電池交換まではスムースにいき、さっそく起動チェックしてみました。

あっ。

見事にデータがクリア! 試しに新しく冒険を初めてみてデータが消えないかチェックしたところ、そちらは大丈夫でした。

せっかくレベル13~12あたりまであげたわがパーティでしたが、今回の冒険はここまでとなったようです。また第2部が始まりましたら、そのときはよろしくお願いします。


▲最後の戦いの思い出。

text.レトロゲームライター 高島おしゃむ




コメントを残す