『NINTENDO64 コントローラ パック』の電池を交換してみる




というわけで、こちらの記事でも少し触れましたが、『NINTENDO64 コントローラ パック』の中古をアマゾンから購入してみました。値段は300円からあったのですが、アマゾンの倉庫にあるものが早く届きそうだったので580円ぐらいのやつを選んでいます。

NINTENDO64 コントローラ パック
Posted with Amakuri at 2018.5.13
NINTENDO 64
任天堂

で、『ヒューマングランプリ ザ・ニュージェネレーション』と『ファミスタ64』でそれぞれ試してみたところ……どっちも認識せず!?

念のため無水エタノールと接点復活スプレーでクリーニングしてみても、状況は変わりませんでした。ということで、これは完全に電池切れの症状のようです。

『NINTENDO64 コントローラ パック』の電池を交換

さっそく電池交換にチャンレンジしてみることに。カセットと同じ特殊ねじが使われていますので、例のドライバーで赤丸で囲ったネジを外していきます。

フタ部分はスライド式になっているので、下側にずらしてから外すようにしましょう。

ということで、中の電池は、いつもおなじみの「CR2032」でした!

赤丸部分のハンダをハズして、新しい電池に取り替えていきましょう。今回は新武器としてハンダ吸い取り機を使ってみたのですが、あっという間にハンダを吸い取ることができてびっくりしました。

ということで、電池交換終了。早速元に戻して、動作を確認してみます。

『ファミスタ64』のほうは、いきなり見慣れぬ名前入力画面が出てきたので、適当に入力。その後ペナントモードを選んでみると、先ほど適当に入力した名前が現れました。

『ヒューマングランプリ ザ・ニュージェネレーション』も、例のメッセージは出ずにちゃんとゲーム画面が出てきました。が、どうやら容量が足りないとか……。

どうやら「START」ボタンを押しながら電源を入れると、「コントローラパックメニュー」というものが表示されるようです。中をチェックしてみると……。

『ファミスタ64』が123ページ占有しているため、新たなファイルが作れないようですね。ちなみにこの『コントローラ パック』の容量は256Kbit(32KB)で、123ページまでしかセーブできない模様。先ほどの『ファミスタ64』は、これ1本ですべて占有しているというわけですね。

64のゲームを遊ぶときは、もう何個か持っておいた方が良さそうです。

text.レトロゲームライター 高島おしゃむ

NINTENDO64本体 クリアブルー
Posted with Amakuri at 2018.5.13
NINTENDO 64
任天堂




コメントを残す