ドリームキャストの内蔵電池交換と注意点――間違った電池を選ばないようにしよう




セガが1998年11月27日にリリースした最後のゲーム機『ドリームキャスト』。その中古を入手しました。当時の思い出は別の機会に語るとして、早速動作チェックしてみたところゲーム自体は問題なく動くものの、毎回カレンダーの設定画面が出てしまいます。

どうやらこれは内蔵電池が切れているな? ということで、交換にチャレンジしてみました。

というわけで購入したのがこちら。ドリームキャストはファミコンのカセットなどとは違いスペースに余裕があるためソケット方式にして電池の交換が簡単にできるようにしてみました。

アマゾンで注文したのですが、ボタン電池のほうがなかなか到着せず。いらいらいして近所のJoshinに電池を見に行ったところ「CR2032」という商品を見つけることができました。これでいいんじゃ? と思い危うく買いそうになりましたが、念のため違いを検索してみると全く違う種類の電池だったことがわかりました。

「CR2032」は「リチウム一次電池」で「ML2032」は「二酸化マンガンリチウム二次電池」となっています。この「二次電池」とはいわば、「充電式電池」のことを指しています。つまり、通常の電池は使えないということですね。

間違って「CR2032」を使用してしまうと発火の危険性もあるので、注意しましょう。

本体の分解は比較的簡単?

もはや最初にディスクシステムの修理を経験したためか、たいていの分解は簡単に感じるようになってきました。このドリームキャストの分解も簡単で、モデムをハズした後に赤丸で囲った部分をプラスドライバーで外していくだけでOKです。

コントローラーの差し込み部分付近に、青いボタン電池が見えます。それを交換していきましょう。まず赤丸で囲ったネジを4本外し、ハーネスなども外して分解していきます。

取り外せたら、ひっくり返して3ヵ所でハンダ付けされているところをハンダ吸い取り線等を使って取り除き、電池フォルダーに交換していきましょう。

あとはハンダ付けをして電池を取り付けて、元に戻していけばOKです。

続いて、ドリームキャストを起動してカレンダーの設定を行っていきます。

カレンダーを設定したら、次回以降はメニューから起動します。なんどか電源を入れ直してチェックしてみましょう。

text.レトロゲームライター 高島おしゃむ

ドリームキャスト本体
Posted with Amakuri at 2018.5.28
Dreamcast
セガ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA