ギターのメンテナンスにお茶の水のESPギターワークショップに行ってきました




小雨の降る中、ギターを担いでお茶の水のESPギターワークショップに行ってきました。目的は、昨年末に購入した『SCHECTER SD-2-24-AL M・AQB Aqua Blue』のメンテナンスが目的です。

たまたま昨晩押し入れから見つけた『Noah’sark Rain Coa』があったので、それを付けて雨の中移動。

ESPギターワークショップは、過去に2度ほどメンテナンスしてもらったことがあり、いずれも今回と同じギターでアーミングアジャスター(ザグリこみ)とピックアップの交換をしてもらっています。

フロイトローズですか? あいつらキンキンいわせてますからね

……というわけで、お昼過ぎにお店に到着。そのまま3階のメンテナンス受付にいって、ハイフレットを弾いたときにキンキンするという症状を伝えたところ……。

店員「フロイトローズですか? あいつら、キンキンさせてますからね~」といわれ、少し驚いてしまいました。え~、フロイトローズってそんな感じなの~? ま、シェクターに付いてるアームはフロイトローズではないですが。

とりあえず、持参した弦を使用してもらい、弦交換とオクターブチューニングなどのセットアップをしてもらうことに。価格は5400円と、事前に調べていたので、まぁ、そんなもんかなということでお願いしました。平日の昼間と言うことで、1時間半ほどで仕上げてもらい帰宅。

早速弾いてみたところ、メンテナンス前より若干弦高が下がり、キンキンはまぁ出てしまうものの、そんなもんだと思い込んで使うことにしました(笑) とりあえず、このギターに関しては、しばらくメンテに出すことはないかな~。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Shares